特殊法人

【全33法人】特殊法人の就職偏差値(採用難易度)とおすすめの穴場

「特殊法人」とは、”特別の法律によって独立の法人を設け、国家的責任を担保するに足る特別の監督を行うとともに、その他の面では、できる限り経営の自主性と弾力性を認めて能率的経営を行わせようとする法人”のことです。

政府が必要な事業を行おうとする場合に、通常の行政機関に担当させても各種の制度上の制約から能率的な経営を期待できないことがあります。

そのため、上記のような業務を「特殊法人」が担当しています。

政府の代わりに事業を行うという点では独立行政法人と似ていますが、独立行政法人との主な違いは、①資金調達時に国の保証が得られる、②法人税や固定資産税等の納税義務が免除される場合がある、③事業計画について国の監督を受けなければならない、等があります。

そんな特殊法人について、職員として採用されることが難しい法人はどこなのか、また比較的入りやすい法人はどこなのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では特殊法人(全33法人)の就職偏差値(採用難易度)、就職/転職におすすめの穴場について解説します。

本記事の内容

特殊法人(全33法人)の就職偏差値(採用難易度)

特殊法人(全33法人)の就職/転職におすすめの穴場

本記事は各省庁による公式情報や法人による有価証券報告書等のデータを参考に、元独立行政法人職員である管理人エストが執筆しています。(データの出典/参考元は記事末尾に記載)



特殊法人(全33法人)の就職偏差値(採用難易度)

本記事の就職偏差値(採用難易度)は下記のように独自に定義/算出したものになります。

実際の採用難易度とは差異があり、各法人の優劣等を表すものではありません。

就職偏差値(採用難易度)の定義

本記事における就職偏差値(採用難易度)の定義を説明します。

就職偏差値(採用難易度)が①平均年収②職員数③検索数という3つの指標で構成されるものと考え、各指標について5点満点で得点付けを行い、それらを合算した15点満点の総合点にて偏差値を算出しました。

各指標の定義は以下の通りです。

①平均年収
各省庁が発表している、事務・技術系職員の平均年収
※平均年収が高いほど人気が高く、就職偏差値(採用難易度)は高くなる

②職員数
各省庁が発表している、事務・技術系職員の職員数
※職員数が少ないほど求人数が少なく、就職偏差値(採用難易度)は高くなる

③検索数
各法人名によるGoogle月間検索数(ツール:KEYWORD FINDERにより抽出)
※検索数が多いほど知名度が高く、就職偏差値(採用難易度)は高くなる
※100,000件以上は一律で満点の5点としています
※法人名または略称通称のうちで検索数の多い方を採用


特殊法人の就職偏差値(採用難易度)

特殊法人(全33法人)の就職偏差値(採用難易度)を示します。

順位 法人名
(英語)
略称,通称
(英語) 
就職
偏差値
総合点
①+②+③
得点①
(平均年収[万円])
得点②
(職員数[人])
得点③
(検索数[件])
1 株式会社
日本貿易保険

(Nippon Export
and Investment
Insurance)

(NEXI)
65.1 13.3 3.3
(836.6)
5.0
(75)
5.0
(447740)
2 日本中央競馬会
(Japan Racing
Association)

(JRA) 
64.6 13.2 3.5
(859.4)
4.7
(1018)
5.0
(7502440)
3 日本電信電話
株式会社

(Nippon Telegraph
and Telephone
Corporation)

(NTT)
64.0 13.1 4.0
(930.7)
4.1
(2496)
5.0
(547240)
3 東日本電信電話
株式会社

(Nippon Telegraph
and Telephone East
Corporation)
NTT
東日本
(-)
64.0 13.1 4.0
(930.7)
4.1
(2496)
5.0
(133640)
3 西日本電信電話
株式会社

(Nippon Telegraph
and Telephone
West Corporation)
NTT
西日本
(-)
64.0 13.1 4.0
(930.7)
4.1
(2496)
5.0
(163340)
6 成田国際空港
株式会社
(Narita International
Airport Corporation)

(NAA)
61.3 12.6 2.9
(769.0)
4.7
(821)
5.0
(133640)
7 放送大学学園
(The Open
University of Japan)
放送大学
(OUJ)
60.8 12.5 2.5
(715.4)
5.0
(136)
5.0
(133640)
8 日本郵便株式会社
(Japan Post
Co.,Ltd)
日本郵便
(JP)
59.7 12.3 3.0
(788.5)
4.3
(2039)
5.0
(447740)
9 阪神高速道路
株式会社
(Hanshin Expressway
Company Limited)
阪神高速
(-)
59.1 12.2 3.2
(822.9)
4.8
(685)
4.2
(74740)
10 日本郵政株式会社
(Japan Post
Holdings Co.,Ltd)
日本郵政
(JP)
55.3 11.5 3.0
(788.5)
4.3
(2039)
4.2
(74740)
11 首都高速道路
株式会社
(Metropolitan
Expressway Company
Limited)
首都高
(-)
53.7 11.2 3.5
(864.3)
4.6
(1126)
3.1
(49550)
12 日本放送協会
(Japan Broadcasting
Corporation)
※NIPPON HOSO
KYOKAI

(NHK)
52.6 11.0 5.0
(1075.2)
1.0
(10175)
5.0
(1835490)
13 沖縄科学技術
大学院大学学園
(Okinawa Institute
of Science and
Technology Graduate
University)

(OIST)
52.0 10.9 4.3
(983.6)
5.0
(13)
1.6
(14840)
14 株式会社
日本政策投資銀行
(Development Bank
Of Japan)

(DBJ)
52.0 10.9 4.6
(1020.7)
4.6
(1230)
1.7
(18150)
15 日本たばこ産業
株式会社

(Japan Tobacco Inc)

(JT)
49.8 10.5 3.3
(829.6)
2.2
(7366)
5.0
(547240)
16 株式会社
日本政策金融公庫
(Japan Finance
Corporation)

(JFC)
47.1 10.0 2.4
(697.3)
3.4
(4310)
4.2
(74740)
17 西日本高速道路
株式会社
(West Nippon
Expressway Company
Limited)
NEXCO
西日本
(-)
47.1 10.0 2.9
(773.5)
4.0
(2579)
3.1
(49550)
18 中日本高速道路
株式会社
(Central Nippon
Expressway Company
Limited)
NEXCO
中日本
(-)
46.0 9.8 2.9
(778.2)
4.2
(2218)
2.7
(40540)
19 株式会社
商工組合中央金庫
(Shoko Chukin Bank)
商工中金
(-)
~45 9.5 2.8
(765.1)
3.6
(3599)
3.1
(49550)
20 東日本高速道路
株式会社
(East Nippon
Expressway Company
Limited)
NEXCO
東日本
(-)
~45 9.5 3.0
(793.7)
4.1
(2396)
2.4
(33130)
21 輸出入・港湾関連
情報処理センター
株式会社
(Nippon Automated
Cargo and Port
Consolidated System)

(NACCS)
~45 9.3 3.0
(790.9)
5.0
(102)
1.3
(8130)
22 沖縄振興開発
金融公庫
(The Okinawa
Development Finance
Corppration)

(ODFC)
~45 9.2 3.2
(820.6)
5.0
(185)
1.0
(1651)
23 株式会社
国際協力銀行

(Japan Bank for
International
Cooperation)

(JBIC)
~45 9.1 3.2
(824.5)
4.9
(395)
1.0
(214)
24 日本私立学校振興・
共済事業団
(Promotion and
Mutual Aid
Corporation for
Private Schools of
Japan)
私学
事業団
(-)
~45 8.9 2.9
(771.6)
4.9
(285)
1.1
(2993)
25 東京地下鉄
株式会社
(Tokyo Metro
Co., Ltd)
東京
メトロ
(-)
~45 8.7 2.5
(720.3)
1.2
(9881)
5.0
(90590)
26 新関西国際空港
株式会社
(New Kansai
International Airport
Company, Ltd)

(-)
~45 8.6 2.6
(737.9)
5.0
(43)
1.0
(174)
27 日本年金機構
(Japan Pension
Service)

(JPS)
~45 8.6 2.1
(652.0)
1.5
(9017)
5.0
(822580)
28 北海道旅客鉄道
株式会社
(Hokkaido Railway
Company)
JR
北海道
(-)
~45 8.4 1.0
(489.3)
2.4
(6653)
5.0
(243530)
29 日本貨物鉄道
株式会社
(Japan Freight
Railway Company)
JR貨物
(-)
~45 8.2 1.9
(629.2)
3.2
(4813)
3.1
(49550)
30 四国旅客鉄道
株式会社
(Shikoku Railway
Company)
JR四国
(-)
~45 6.7 1.4
(553.8)
4.3
(1873)
1.4
(9940)
中間貯蔵・環境安全
事業株式会社
(Japan
Environmental
Storage & Safety
Corporation)

(JESCO)

(-)

(-)
1.4
(9940)
本州四国連絡
高速道路株式会社
(Honshu-Shikoku
Bridge Expressway
Company Limited)
JB本四
高速
(-)

(-)

(-)
1.0
(1342)
日本アルコール
産業株式会社
(Japan Alcohol
Corporation)

(J.alco)

(-)

(-)
1.0
(144)

※ 輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社は令和1年度、株式会社日本貿易保険は平成28年度のデータになります
※東日本電信電話株式会社<NTT東日本>及び西日本電信電話株式会社<NTT西日本>は日本電信電話<NTT>の完全子会社であり、日本電信電話<NTT>の有価証券報告書をデータ根拠としているため、平均年収・平均年齢・推定生涯賃金等は全て同一としています

特殊法人(全33法人)の就職/転職におすすめの穴場

特殊法人(全33法人)の就職/転職におすすめの穴場を紹介します。

本記事における穴場とは、上記の就職偏差値(採用難易度)は低いにも関わらず、特に平均年収が高い職員数が多い検索数が少ない法人を指します。

穴場①:東京地下鉄株式会社<東京メトロ>

おすすめの穴場①は東京地下鉄株式会社<東京メトロ>です。

就職偏差値:~45
総合点:8.7
得点①(平均年収):2.5(720.3万円)
得点②(職員数):1.2(9881人)
得点③(検索数):5.0(90590件)

就職偏差値(採用難易度)は8.7と低いにも関わらず、平均年収は720.3万円と高くなっています。

また検索数は90590件と多く知名度は高いものの、職員数も9881人と多く求人数も多いため、就職/転職のチャンスはありそうです。

東京地下鉄株式会社<東京メトロ>は東京都区部を中心に9路線195.0km 180駅の地下鉄を運営し、うち7路線で他社と相互直通運転を実施する、首都圏の鉄道ネットワークの中核を担う特殊法人です。

公共交通機関として1日498万人に利用されており、1920年に東京地下鉄道株式会社として会社創立され、2004年に現在の東京地下鉄株式会社となりました。

穴場②:日本年金機構<JPS>

おすすめの穴場②は日本年金機構<JPS>です。

就職偏差値:~45
総合点:8.6
得点①(平均年収):2.1(652.0万円)
得点②(職員数):1.5(9017人)
得点③(検索数):5.0(822580件)

就職偏差値(採用難易度)は8.6と低いにも関わらず、平均年収は652.0万円と就職偏差値が同程度の法人と比較して高くなっています。

また検索数は822580件と非常に多く知名度は高いものの、職員数も9017人と多く求人数求人も多いため、就職/転職のチャンスはありそうです。

日本年金機構<JPS>は正確な給付、適切な年金制度の運用により、高齢化社会における我が国社会の安定・安心に貢献する特殊法人で、2010年に設立されました。

【平均年収652万円】日本年金機構<JPS>の年収、ボーナス(賞与)、初任給、推定生涯賃金「日本年金機構<JPS>」は、 "厚生年金保険事業及び国民年金事業に関する業務等を行うことにより、適正な運営並びに国民の信頼確保を...

穴場③:日本貨物鉄道株式会社<JR貨物>

おすすめの穴場③は日本貨物鉄道株式会社<JR貨物>です。

就職偏差値:~45
総合点:8.2
得点①(平均年収):1.9(629.2万円)
得点②(職員数):3.2(4813人)
得点③(検索数):3.1(49550件)

就職偏差値(採用難易度)は8.2と低いにも関わらず、平均年収は629.2万円と就職偏差値が同程度の法人と比較して高くなっています。

また検索数は49550件と多く知名度は高いものの、職員数も4813人と多く求人数求人も多いため、就職/転職のチャンスはありそうです。

日本貨物鉄道株式会社<JR貨物>は暮らしや産業に欠かせない石油や紙、食料品、農産品、電子部品などあらゆるものを安全に・正確に・大量に・クリーンに運ぶという社会的使命を担う特殊法人です。

日本で唯一全国ネットワークを持つ貨物鉄道会社として、1987年に会社発足されました。

まとめ

以上、特殊法人(全33法人)の就職偏差値(採用難易度)、就職/転職におすすめの穴場について解説しました。

上記でご紹介した法人以外にも魅力的な法人はたくさんありますので、本記事を参考にご自分でも探してみてください。

※記事の内容については十分に精査/確認しておりますが、もし誤記等がございましたらトップページ上部の「お問い合わせ」よりご連絡頂けますと幸いです。

【全33法人】特殊法人の年収ランキング(最新年度年収・30歳時年収・推定生涯賃金)「特殊法人」とは、"特別の法律によって独立の法人を設け、国家的責任を担保するに足る特別の監督を行うとともに、その他の面では、できる限り経...

出典/参考元


【総務省】特殊法人一覧

【総務省】特殊法人の役員の報酬等及び職員の給与の水準の公表

一般財団法人 行政管理研究センター『独立行政法人・特殊法人総覧(令和2年度版)』ミツバ綜合印刷社、2021年(書籍)